流行りの服は、ネットが安い!

レディーストレンドファッション2018

春服レディース2018

レディース春コーデ2018!スポーツファッションの進化が止まらない

投稿日:

2020年には、東京オリンピックが開催されることもあってか、ここ数年のレディースファッションでは、スポーツを取り入れたトレンドが、次々と登場しています。

2018年のレディースの春夏ファッションでも、パーカーやサイクリングシャツに、ジャージっぽい服など、スポーティーなテイストを、新しいスタイルで取り入れた「進化系スポーティーファッション」を各ブランドが、こぞって提案。

リアルクローズで取り入れる時には、全身をスポーツファッションにしてしまうと、「本当にスポーツする」みたいになってしまうので、今年の春夏っぽいアイテムを、一部分だけ取り入れるのがおすすめです。

今年っぽいアイテムのイメージをつかむのに使えるスタイルを東京コレクションからピックアップしました。

ブルーとイエローのスポーツファッションらしい春コーデ

胸にラインが入ったジャージのようなブルーのジャケットに、クリームイエローのパンタロンのようなパンツを合わせたレディース春コーデ。

スポーティーなパンツのラインがサイドではなく、前から見た時の両足の真ん中に入っているのが新鮮。

ジレのような黒いアウターは歩く度に揺れ、ちょっとマントのようにも見えます。

このほか、2018年の春夏コレクションでのケイスケ ヨシダ(KEISUKE YOSHIDA)は、穴をたくみに使ったヒッピースタイルにスポーティファッションを混ぜたようなコーディネートが多く、足元は、春っぽいカラフルな色合いの厚底ブーツで揃えていたのが印象的でした。

白ブルゾンに、白黒ボーダー柄トップスを腰巻きしたモノトーンコーデ

ゆったりとした白シャツは、前立の片側には縦の黒ライン、フロントから背中にかけては、横の黒のラインが入っています。

袖ぐりやカフスを、オーバーサイズにデザインした春シャツは、ブラックラインをポイント、ポイントに入れることによって、すっきりとした印象。

ボトムスに、ピタッとした黒のレギンスを合わせて、白黒のボーダー柄トップスを腰巻きにすると、クールな印象の春のモノトーンコーデが完成。

厚底の靴を履いたスタイルは、アスレジャーよりも、ファッション性のある春コーデになっています。

このほか、ヒロコ コシノ(HIROKO KOSHINO)の2018年春夏コレクションでは、タンポポをモチーフにしたジャケットやパンツも登場。

たくさんの星を散りばめたパターンに、タンポポが寄り添うように輝いているデザインは幻想的でした。

さらに、今年の春は、靴に、コンバース(CONVERSE)のスニーカーも、けっこう採用されていましたね。

厚底でも、サンダルのようにアッパーが開いていたり、スニーカーの雰囲気を残しつつアレンジされたシューズが、春夏ファッションにスパイスを効かせていました。

ピンクのパンツと黒トップスで、かっこいい春ファッション

白のシースルーシャツの上から、オーガンジーの半袖黒トップスをレイヤードして、ボトムスには、光沢のあるピンクのワイドパンツ。

ボリューミーなパンツを黒トップスが引き締める、甘辛でスポーツシックな春コーデです。

HARE(ハレ)の2018年春夏コレクションのテーマは、HAZE。

HAZE(ヘイズ)は、霧・もやという意味で、情報が溢れる現代において、自分たちのリアリティを見い出そうとする若者の姿を、春夏の服で表現しています。

具体的には、靄(モヤ)がかかったようなプリントを、Tシャツやブルゾン、ワンピースに使い、光の当たり具合で見え方が変わるようにしたり、

ビッグサイズのレイヤード風コートは、下に着ている服との境界線をぼやけさせて、霧のイメージを表したりしています。

白パーカーとミニスカートで可愛い春コーデ

丈が短めで、大人可愛い春ファッションが好きな人にも人気になりそうな袖にボリュームのある白パーカーと、シルクのような艶のある紺のミニスカートを合わせたディーベックの新作コーデ。

足元には、未来的なシルバーのショートブーツを合わせているのが斬新です。

ディーベック(D-VEC)の2018年春夏コレクションでは、機能性とファッション性の融合をコンセプトとした春夏の服が多く見られました。

なかでもインパクトが大きかったのは、レインコート。

ドローコードがアンダーバストにも付いていて、自在なシルエットを作り、紐を締めると、ドレスのようなコートに変わり、女性らしいボディラインを強調していました。

春服っぽい花柄オールインワンにポーチを腰巻き

リバティ・ファブリックスの生地を使用した、カラフルで、春服っぽい花柄のオールインワンに、小ぶりな青のウエストポーチを合わせた春コーデ。

バッグオンバッグや、ゴム素材の服とともに、ウエストバックは、2018年の春のトレンドアイテムになっていますよね。

ウエスト位置に、白に黒のラインが入ったガチャベルトをして、ベルトの下の位置に、ウエストバッグを巻く着こなしになっています。

今年の春夏のグローバルワーク(GLOBAL WORK)では、カジュアルなファッションにスポーツをミックスした新作が多数登場。

中でも、注目は、スポーティーテイストを加えた可愛い柄ポンチョ。

ドローコードやフード使いなどのアクティブなデザインを加えた、スポーティなポンチョは、春のフレアワンピースに羽織ったり、カジュアルスタイルに腰巻きしたり、コーディネートに加えるだけで、軽やかで、オシャレなスタイルが作れます。

1

おしゃれで可愛いコスパ服から、最旬トレンド服まで!プチプラで買えるレディースファッション通販サイト12選!

2

レディース春服のトレンド柄、トレンドカラーから、流行中の着こなしや、注目の小物まで!2018年の春ファッションのトレンド中で、カジュアルな春コーデに取り入れやすいものだけコンパクトにまとめました!

-春服レディース2018

Copyright© レディーストレンドファッション2018 , 2018 AllRights Reserved.