流行りの服は、ネットが安い!

レディーストレンドファッション2018

春服レディース2018

2018レディース春服トレンドが3分でわかる!海外ブランドに国内も

投稿日:

2018年のレディース春服のトレンドを、ざっと把握しときたい!

新しい春服を買うときとか、春っぽい格好をしたいな、って思った時には、今年の春の流行も、ちょっと気になりますよね。

トレンドの発信元は、なんと言っても、海外ブランドや日本のハイブランドのランウェイ!

…というわけで、

ハイブランドのコレクションの中から、カジュアルな春コーデに取り入れられそうなものだけピックアップしました。

ハイブランド発のトレンドをざっと把握

国内ブランドの春ファッションの新作を見てみる

みたいな流れで、だいたい3分くらいで、今年の春ファッションのトレンドが把握できるようになっています。

2018レディース春服のトレンド柄は?

まずは、今年のレディース春ファッションのトレンド柄です。

全体的には、シンプルファッションとは真反対。

ここ数年は、豪華絢爛、夢いっぱい、女であることが楽しくなってくるような「盛りファッション」の方向に動いているので、柄物も、色鮮やかでにぎやかなものがたくさん出てきてますよね。

見てる分には、

MSGMのジャガードでアルファベットロゴを、カラフルに編み込んだ上下のセットアップや、

プラダの漫画の柄をプリントしたシャツやスカート、

なども、面白かったのですが、実際に着る、ってことになると、今年の春ファッションは、定番柄の方が使えそうでした。

特に、ギンガムチェック柄、ドット柄、ボーダー柄、ストライプ柄あたりは、定番だけに取り入れやすいし、今年の春っぽい着こなしにすれば、新鮮に見せることが出来そうです。

 

ギンガムチェック柄とドット柄は、モノトーンっぽいもの

チェック柄、花柄、ボタニカル柄など、柄物は、全体的にカラフルな色使いが多い中、白と黒のモノトーンを採用するブランドが目立ったのが、ギンガムチェック柄とドット柄です。

例えば、パリコレクションのソニアリキエル(SONIA RYKIEL)は、ファーストルックから、ギンガムチェック柄を多用。

ギンガムチェック柄ジャケット
 
冒頭から、ジャケット、セットアップ、ワイドパンツ、ミニスカートと、いろいろなコーディネートが出てくるので、今年の春っぽいギンガムチェックの取り入れ方の参考になります。
 

 
ドット柄も、黒字に白の水玉や、白地に黒の水玉のモノトーンを採用するブランドが目立ちましたが、その中でも面白かったのは、透ける素材でレイヤードするスタイル。

例えば、東京プリンスホテルで開催されたG.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)のコレクションでは、ドット柄ワンピースの上に、シースルー素材の水玉スカートをはいて、模様と模様を重ね合わせていました。

ドット柄ワンピース
 
さらに、ドット柄のトレンドで、もう1つ特徴的だったのは、ピンドットよりも大きく、コインドットよりは小さい「ポルカドット柄」が目立ったことです。
 

確かに、ブラウスとかで着やすい小さい水玉よりは、少し大きめですよね。

今年の春服でも、基本的には、小さめのドット柄が多くなると思いますが、ポルカドットも旬なので、少し大きめの水玉を、シャツやブラウス、ワンピースなどの洋服はもちろん、バッグ、スカーフなどの小物で取り入れるのもいいかもです。

 

ボーダー柄とストライプ柄はカラフルな傾向

白黒以外のカラフルなトーンが目立ったのが、ボーダー柄とストライプ柄です。

特に、ボーダーは、マルチボーダー柄と呼ばれる多色使いの横縞模様が台頭。

例えば、絵画のような豪華な刺繍ジャケットで始まったルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のコレクションでも、ショーの途中では、マルチボーダー柄のワンピースや、ジップアップの半袖シャツが登場してました。

マルチボーダー柄ワンピース
 
特徴的なのは、足元も、90年代っぽいスニーカーだし、スポーティだっていうことですよね。

もちろん、オシャレ上級者は、スポーティなボーダ柄トップスにフェミニンなスカートを合わせて、ミックスコーデにするのもアリだと思います。
 

 
それにしても、ルイヴィトンのスタイルは、春ファッションのトレンド「てんこ盛り」みたいな感じで可愛いですね。

マルチボーダー柄のスポーティなジップアップを、ピッチの違うボーダートップスの上にレイヤードして、ストライプ柄のショートパンツを合わせてます。

しかも、このショートパンツ、よく見ると、千鳥格子みたいな白黒の柄と、縦縞部分には水玉模様も入ってるんですよね。

ゴールドのチェーンの付いた大きいバッグと言い、キャットアイサングラスと言い、ほんと、今季のトレンドが詰まってると思います。

 
さてさて、ストライプ柄と言えば、夏のマリンスタイルが定番ですが、今年の春のストライプ柄は、ニューヨークで、ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG)が披露したようなキャンディストライプ柄が特徴。
 

同じくニューヨークで、モンス(MONSE)が披露したスタイルもそうですが、80年代っぽいイメージで、明るくポップな感じです。
 
このほか、もう少し細いピッチのストライプ柄を、襟付きシャツなどで取り入れるブランドもあったので、メンズライクな着こなしが好きな人は、細ピッチをシャツで取り入れるのもおすすめです。

2018レディース春ファッションのトレンドカラー

2018年のレディース春服では、砂糖菓子みたいな色合いのソフトパステルがトレンドカラー。

その代表格が、イエロー、ラベンダー、ピンクの3色です。
 

レモンみたいなイエロー

今年の春の黄色は、パステルカラーのような薄い黄色もありますが、どちらかと言うと、レモンみたいな黄色が主流。

マスタードみたいなもう少し濃い目の黄色まで含めて、流行色に躍り出ています。
 

 

女性的な色合いのラベンター

イエローとピンクをつなぐ色として、ラベンダーもトレンドカラーに浮上。

薄い紫は、透ける素材とも相性がいいので、レイヤードコーデで取り入れるのもおすすめです。
 

 

パステルピンクにホットピンクも

ピンクは、ラベンダーの延長上のようなパステルピンクも流行ってますが、ニューヨークコレクションでは、鮮やかな色合のホットピンクも注目されていました。

実際、国内ブランドの春服の新作では、淡いパステルピンクとともに、ショッキングピンク的な鮮やかなピンクのニットやブラウスなども登場しています。
 

フェミニンディテール隆盛、肌見せはワンショルダーも

昨年の春夏ファッションに引き続き、フリル、レース、ギャザーと言ったフェミニンなディテールは、今年も、さらに、パワーアップ。

ボリューム袖、フリル袖、パフ袖といった袖コンシャスなトレンドも、引き続き流行中です。

ネック周りでは、肌見せするオフショルダーも引き続き流行っていますが、エルメス(HERMÈS)が、パリのコレクションで見せたようなスクエアなネックラインも登場して来ました。

クラシカルなチェック柄や、レトロな花柄と相性がいいネックラインなので、ドレスっぽいワンピースを選ぶ時には、一応、頭に入れておきたいトレンドです。

そして、オフショルダーの進化系として出てきたのが、ワンショルダーなど、アシンメトリーなネックライン。

国内ブランドの春服の新作では、片側だけ肩見せするようなヘルシーなデザインのフリルブラウスなどが登場しています。

ALEXANDER WANG アレキサンダーワン 2018春夏プレタポルテコレクション ニューヨーク

ALEXANDER WANG 2018ss

透ける素材をレイヤードする春コーデ

春服の柄がカラフルで賑やかになる中、オーガンジー、レース、シフォン、メッシュといった「透ける素材」でレイヤードするコーディネートが大爆発。

中には、スポーティーなインナーの上から、フェミニンな花柄コード刺繍が施されたシースルーマキシワンピースをまとうブランドもありました。

2018年の国内の春ファッションの新作でも、上はタンクトップで、スカート部分だけ透ける素材のドッキングワンピや、肩と袖だけが透けるシャーリングブラウスなど、シアー素材のアイテムは、さらにバリエーションが豊かになって来ています。

今年の春ファッションの小物はウエストポーチ

コルセットベルトなどで、ウエストマークする春コーデは、今年もトレンドですが、ウエストポーチが、久しぶりに復活して来たので、これで、ウエストマークする着こなしも面白そうです。

ランウェイでは、腰に巻く定番のスタイルのほか、ウエストバッグ部分が胸の前に来るように、肩から斜めがけするような付け方も登場。

中には、サブバッグとして2個持ちするようなスタイルもありました。

国内ブランドの春服の新作2018

それでは、ハイブランドのランウェイを受けて、先行販売や先行予約がスタートしている国内のポピュラーブランドの春の新作を見ていきましょう。

 

ギンガムチェック柄イレヘムスカート snidel

大きさの違うギンガムチェックが変則的に施されたイレヘムスカート。

斜めに入ったフリルやギャザーのフェミニンディテイールも、今年の春のトレンドど真ん中です。

 

ドット柄ブラウス JUSGLITTY

黒地に白の水玉模様が入ったVネックブラウス。

ベルスリーブになった袖口にはレース生地があしらわれ、フェミニンムード満点です。

 

ワンショルダーニットタンクトップ Lily Brown

マルチボーダー柄、ワンショルダー、フリルデザインと、今年の春服トレンドが、3つも揃ったニットタンク。

単色では、春のトレンドカラーに浮上しているイエローもあります。

 

カラフルなストライプ柄ワンピース Lily Brown

80年代っぽいポップな印象のストライプ柄が入った麻混ワンピース。

ハイウエストの位置にはギャザーが入り、スカートの裾は、後ろの方が丈が長いデザインになっています。

腰の後ろの大きなリボンと、背中のレースアップデザインもトレンドライク。

 

きれいめウエストポーチ snidel

手に持ったり、後ろに背負ったり、前に回して肩がけしたり…この春、注目度No.1の小物、ウエストバックの新作。

トレンド柄のギンガムチェックのほか、革っぽいブラック、サテンっぽいキャメル、きれいめコーデに使える白の4色展開です。

1

おしゃれで可愛いコスパ服から、最旬トレンド服まで!プチプラで買えるレディースファッション通販サイト12選!

2

レディース春服のトレンド柄、トレンドカラーから、流行中の着こなしや、注目の小物まで!2018年の春ファッションのトレンド中で、カジュアルな春コーデに取り入れやすいものだけコンパクトにまとめました!

-春服レディース2018

Copyright© レディーストレンドファッション2018 , 2018 AllRights Reserved.